探偵を目指す人は増えているのか?

探偵と聞くと、ダークなイメージから、難事件を解決する正義の味方というのが一般的な印象ではないでしょうか。
そんな探偵に憧れ、探偵業界に入った人も少なくないと聞きます。

これから探偵になりたいという人もいると思いますが、「探偵になりたい」というのは一般的な考えなのか不安を持つ人もいるのでは?

なにせ、探偵の仕事というのは不透明なところもありますから、周囲からも「探偵なんてやめとけ」と言われたことがある人もいると思います。

では、実際に探偵を目指すという人はどれぐらいいるのでしょうか。

実際に探偵を目指す人がどれだけいるか調べようがありませんが、探偵事務所や興信所から出されている求人の数から需要を調べて、探偵業界の動向を調べることが出来ます。

いくつかの求人情報サイトを調べると、大手と呼ばれる探偵事務所・興信所の求人をいくつか目にすることが出来ます。
その数から、探偵の需要は他の特殊な業種と比べても比較的高くあると思われます。

では、実際に探偵を目指すとして、どのようにして探偵になればいいのでしょうか。

探偵として働くには

探偵として働く方法には、2つの方法があります。

1.探偵事務所・興信所に就職する
2.自分で探偵事務所・興信所を開業する

1の場合は、探偵事務所や興信所だ出している求人に応募して就職するといった方法で、最速で探偵として働くことが出来ます。

一方で、2の場合は、自分で探偵事務所を開業するということは、あなたが事業主になるわけですから、いろいろ準備しなくてはならないことがあります。

どちらも探偵として働くことが出来る方法ですが、探偵としてまったく技術を持っていない未経験者が、最初から事務所を開業してやっていくのはなかなかハードルの高い方法です。

そのため、探偵になる人のほとんどが、まずは既存の探偵事務所や興信所に就職して、探偵として必要なスキルを身につけ、ここからさらに少数の人が自分で探偵事務所を持つようになります。

また、探偵と言っても、働き方に違いがあります。

探偵は対象者の尾行をしたり、張り込みをしたりと常に外で活動しているイメージがありますが、実際の探偵事務所には調査員といった尾行や張り込みを行うスタッフと、他の一般業務を行う事務スタッフ、依頼者からの相談を受けてそれに回答する相談スタッフなど、事務所の中でも役割があります。

しかし、この役割も事務所で働く人が多く、役割分担をする余裕のある探偵事務所だけです。

ほとんどの探偵事務所は、調査から事務、相談業務まで全て一人の人間が担当するのが一般的のようです。

探偵の求人を探してみる

では、実際に探偵事務所へ就職するために、探偵事務所の求人を探してみましょう。

探偵事務所の求人は求人情報雑誌、求人情報サイトなど他の業務と同じように見つけることが出来ます。
他にも新聞広告や雑誌広告などで求人募集をしている探偵事務所もあり、意外と多くの求人を見つけることが出来るはずです。

この求人の中から就職先の探偵事務所を探すのも、なかなか大変な作業です。

せっかく働くのなら条件のいい場所で探偵としての技術を磨きながら働きたいと思うはずなので、自分が納得する条件の求人を根気よく探すしかありません。

このサイトでは、そんな探偵の求人に関する情報、探偵になるための方法についてご紹介しています。